沖縄の世界遺産・聖地・パワースポット

まずは沖縄県内で定番のパワースポット


沖縄県内で代表的なパワースポットといえば斎場御嶽です。本来男性は入場することができないスポットですが、現在は入場が許可されています。基本的には年中無休ですが、休息日という入場できない期間があるので事前に確認しましょう。場所は沖縄県南城市知念字久手堅で、沖縄自動車道南風原北インターチェンジを車で30分程度進んだところになります。観光で訪れる場合はレンタカーかタクシーがいいでしょう。南城市にはもう一つ、ガンガラーの谷という亜熱帯植物がひしめき合っているパワースポットがあります。この場所は自然に囲まれ草木との距離も近いので虫除け対策が必要です。入場にはツアー予約が必須となるので事前に予約しておきましょう。

海辺のパワースポットも豊富


沖縄では海辺のパワースポットが多数存在します。古宇利島は恋の島と伝えられカップルを中心に人気を集めている場所です。ハートに見える岩や砂浜が奏でる波の音は、恋人同士の距離を縮めるにも絶好のポイントです。うるま市勝連浜にある浜比嘉島は、子宝に影響を及ぼすパワースポットで子孫繁栄を願って訪れる観光客が多い場所です。そして、中でも沖縄県内屈指の穴場のパワースポットは離島の大神島です。宮古島から定期便で移動する必要があるこの場所は、自然がそのまま残っているため立ち入り禁止の場所が沢山あります。独特な形をした奇石が立ち並ぶ海上は日本では中々見られない貴重な光景です。離島からの移動になるので訪れる時は余裕をもって行動しましょう。

与論島の旅行では島内を巡るのにレンタサイクルが最適です。小さな島なので、レンタサイクルでゆっくり周っても2時間余りで一周できます。